室井滋さんのすっぴん魂 大全 紅饅頭と白饅頭

ウェルかめもいよいよ3月27日で最終回ですね。
どんな結末が待っているのかドキドキします。

それにしても寂しい

ドラマが終わっても、美波町のどこかに、はまもと荘があって、徳島には復活したゾメキトキメキ出版があるような、そんな気がしてなりません。

ところで3月26日、金曜日、NHK徳島の番組「ニュースとくしま 610」に、NHK朝ドラ「ウェルかめ」のゾメキトキメキ出版、吉野編集長役の室井滋さんが出演されていました。

3月27日(土)14:00から徳島駅前のそごう徳島店8階にある紀伊國屋書店徳島にて、新刊『すっぴん魂 大全 紅饅頭』と『すっぴん魂 大全 白饅頭』(室井滋さん著、文藝春秋)の刊行記念サイン会があるそうです。

2010年3月10日発売の『すっぴん魂大全紅饅頭 』と『すっぴん魂大全白饅頭 』は、週刊文春の人気連載「すっぴん魂」から室井滋さんが自選された100篇で、2冊同時刊行です。

詳しくは
■紀伊國屋書店イベント情報
『すっぴん魂大全 紅饅頭 白饅頭』刊行記念 室井滋さんサイン会
http://www.kinokuniya.co.jp/01f/event/event.htm#tokushima_01

P.S.
吉野編集長、いや、室井滋さん、ほんとに阿波踊りの時にはゾメキの徳島に戻って来てください

味わって欲しいです。徳島の阿波踊り、きっと「ハッ、ヘッ、ホー」ってなるはずです。

ウェルかめはまもと荘

個人的に好きなブログです。
「好きな時間」

はまもと荘やテッシーのカフェのセットの写真もアップされています。

2日続けて。
http://gomayway2.blog95.fc2.com/blog-entry-129.html
忙しい日でした。
http://gomayway2.blog95.fc2.com/blog-entry-128.html
別れの季節。
http://gomayway2.blog95.fc2.com/blog-entry-127.html
徳島カテゴリ記事
http://gomayway2.blog95.fc2.com/blog-category-7.html

P.S.
ふと今思いついたこと...
テッシーのカフェ、美波町に再現して欲しいと思いませんか?

『ウェルかめ』のスタジオ・セット見学

「千里山ブラウズ」さんが、NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』のスタジオ・セット見学 に、行かれた時の動画をユーチューブに掲載されていましたのでこちらにも貼らせていただきました。

以前にkouさまも見学に行かれるとコメント頂いていたけど、もう行かれたでしょうか...

徳島ラーメン

3月08日(月)19:00〜19:56に放送された日本テレビの番組 SUPER SURPRISE「1億人が選ぶ!今夜知りたいランキング」 を見ていて、嬉しいことがありました。

食事時に、テレビを付けたら、ちょうどやっていて

司会は、えなりかずきさん、山瀬まみさん、馬場典子さんがされていて

実は今回初めて見た番組だったんですが、全国の最新B級グルメをランキング形式で紹介していたので、徳島の食べ物は出ないかなと 結構、途中から、期待しながら見ていました。

ところが、おとなり高知県?愛媛県?の「焼豚玉子飯」や、香川県の「讃岐もんじゃ焼き」、愛媛県の「じゃこかつバーガー」などは出てくるものの 徳島のものはなかなか出てこない

「フィッシュかつ」とかは、お好み焼きにいれたり、そのままで食べる事が多いから、今回登場しているものは、料理として手を加えられたものだから 出てこないだろうなあなどと思いながら見ているうちに、とうとう最後のひと品となり

あきらめていたら最後の1品は四国ブロックからです。 と、言うので、高知の「鍋焼きラーメン」かな、もしや、「 TVでも話題になった徳島丼では?」なんて家族で話していたら、 なんと「徳島ラーメン」が、料理専門家100人が選んだ堂々の第1位!! 番組独自ランキングとはいえ、かなりうれしく、これには驚きました。

登場したラーメン店は、新横浜ラーメン博物館に出店したことのある「中華そば いのたに」さんでした。 私の好きな「ふく利」さんや「まる福」さんでは、ありませんでしたが、徳島のラーメンが、第1位になったことは本当にうれしい。

徳島県の観光大使「阿波とくしま観光大使」の、大使第1号になられたウェルかめのヒロイン倉科カナさんも「徳島ラーメンもおいしかった」と読売新聞のインタビューに 答えていたのを思いだしました。

 

ウェルかめ感想

通りすがりさま 書き込みありがとうございました。
http://welcame-nami.seesaa.net/article/138976868.html#comment

重複していた短いほうのコメントは、長いほうのコメントに
すべて含まれていたようなので削除させていただきました。

通りすがりさまのことを、あらしだなんて思いませんし、お気持ちはよくわかります。

おっしゃるとおり、「心から笑える、心から泣けるドラマ」
心から「応援したくなるヒロイン」を、待ち焦がれているのは、私も同じです。

私は、あすかや、ちゅらさん、純情きらり、芋たこなんきん、ちりとてちんなどが
とても好きだったので、話の深みとか、おもしろさ、登場人物ひとりひとりの描き方とかを、どうしても、このウェルかめと比較して考えてしまいます。

ウェルかめは、こうあって欲しいと願う、細部へのこだわりとかは
ある頃から徐々に薄れて、ドラマの見方は、最初の頃からは少し変わったものの、それでも私は、「ウェルかめ」を楽しく毎日見ています。

人とのつながり、家族の愛、生きてることの喜びなど
じんわり伝わってくるものも時々感じられます。

徳島市のどこかにゾメキトキメキ出版やアルデがあり、美波町のどこかに、はまもと荘や、うどん屋笹原があって、そこには、愛すべき登場人物たちが、泣いたり笑ったりして暮らしているような
そんな気がしてしまうのは、実際の美波町を子供のころから知っていて 好きな町だからなのかも知れません。

テレビのトークショーで役者さんがたの、役作りへのこだわりを知り
ロケや、偶然会った食堂などで、その素敵な人柄にふれたことで、親近感もより強くわきました。

ウェルかめはクランクアップし撮影は終了してしまいましたが、出演者の方々が、いつかまた再び徳島の地においでになる事を願ってやみません。

タグ:ウェルかめ