ウェルかめ感想

このところヤフーの「みんなの感想」
星ひとつが増えてきましたね。

とても残念ですが、仕方のないことなのでしょうね。

それだけ「朝ドラ」に対する期待が大きいのでしょうね。

 

的外れかもしれませんが、
聞こえの良い直接的なセリフや、表面的なエピソードだけではなく
もっと深く心に響くなにかを、求めている方が多いのかな...

なんて思ったりします。

 

もう少し細かなところまで詰めた、つじつまの合う設定が
要所要所でされていて、そこがじっくり描かれていれば、
もっと伝わってくるものがあるし、感動も伝わるのに...

って残念に思います。

 

始まった当初の爽やかなイメージと、テンポ良い展開に、
とても好感を持っていましたし、もちろん今も、期待は
ずっと持ちつつ見続けていますが、
登場人物の軸のぶれ、安易なセリフ、不自然な設定、
詰めの甘いしりきれとんぼのエピソードなどに、
時折がっかりもさせられます。

ちょっと厳しい感想ではありますが、
ここ最近まで(1月18日頃)のウェルかめを見ていての
正直な気持ちです。

これからが正念場、しっかりと盛り上がっていって欲しいと
願っています。

タグ:ウェルかめ

ウェルかめ感想

久しぶりにヤフーみんなの感想(連続テレビ小説 ウェルかめ)を見てみましたが、厳しい意見が、多くみられました。

とても残念だけど、確かに、そうだなと思う感想もたくさんありました。

「群像劇を期待したのですが」というタイトルの感想に多くの票が投じられていました。(すでに新しい記事でいっぱいで探すのも大変だと思うのでその感想の内容の一部を以下に、ヤフーみんなの感想(連続テレビ小説 ウェルかめ  http://tv.yahoo.co.jp/review/172093/ )より抜粋させていただきました。)

まだ前々作が放映されてた頃、ウェルかめの制作発表がありました。 舞台は徳島の遍路宿、主人公は情報誌の編集者。 様々な人生模様が、泣き笑いの中で繰り広げられるのには ぴったりの舞台設定だと期待していました。 ドラマの中心にヒロインがいるのは当然の事ですが 良質なドラマというのは脇役や端役にも命が吹き込まれ それぞれの人生が愛しく大切に思えるものだと思います。 残念ながらこのドラマの登場人物に、ゾメくことができないままなのです。 レギュラー陣の粗末な扱いは多くの方が指摘されていますが 一度きりと思われる登場人物にもそれは言えます。

ウェルかめというドラマはそういう味付けのドラマなのかも知れませんが、登場人物の描き方などには、私も同じように感じた部分がありました。

本音で書かれたひとつひとつの感想には、それぞれに重みがあり、さまざまな思いが込められているように感じました。

尻あがりに、これからどんどん盛り上がっていって欲しい...

と、期待しています。

深みのある共感できる展開が待っていることを願っています。

明日からウエルカメ、その前に龍馬伝

連続テレビ小説 ウェルかめ第79回 14週目「ファンはライバル!?」

ウェルかめ、いよいよ明日4日から、徳島市出身の山下リオさんが登場しますね。

友人、知人のかた、ご近所のかた、期待してる方も多いのではないでしょうか
ファンの方はもちろん知っているでしょうけど、大塚 ちひろさんの妹さんだったなんて、私は最近まで知りませんでした。

YouTubeに山下リオさんの動画がありました。
すらっとしてて演技もうまく瞳力のある素敵な女優さんですね。

愛の劇場 ラブレター 山下リオ 総集編

button101.gifラブレター DVD-BOX1

p.s.
今日から始まったNHK大河ドラマ「龍馬伝」第1回拡大版、見られましたか?
オープニングからして力入ってましたね。プロフェッショナル、これぞドラマ、感動でした。
少年時代を演じた濱田龍臣さん、福山雅治さんに感じがすごく似ていましたね。
岩崎弥太郎役の香川照之さんの迫真の演技、 岩崎弥次郎役の蟹江敬三さんも渋くてぴたりとはまっていましたね。

坂本龍馬役の福山雅治さん、かっこよくてしびれました。

最後まで全話、絶対見逃さず見ないといけないドラマだと思いました。
というかDVD買うと思います。

NHK大河ドラマ「龍馬伝」による高知県への経済効果は234億円(日銀高知支店発表)との予想が出されているそうですが、このドラマの出来だと、さらにもっとふくらみそうな気もします。

button101.gifNHK大河 龍馬伝 前編

龍馬伝紀行で紹介されていた高知県立坂本龍馬記念館、桂浜、久しぶりに行ってみたくなりました。
高知県立坂本龍馬記念館のHPbutton101.gif http://www.ryoma-kinenkan.jp/

あ、そうそう、高知市内の客家(はっか)さんの坦々麺、めちゃ美味いです。

タグ:龍馬伝

ウェルかめ第77回感想

「生きてることは奇跡や、うれしいなあ」
しみじみと言った哲也(石黒賢さん)のセリフが響きました。

昨日今日と、じんわりと涙があふれました。

その時々で、登場人物に自分と重なる部分を感じ、しんみりとさせられたり笑ったり...

生きていることの素晴らしさ、うれしさを感じられるって幸せですね。

薬王寺
【ちょっと落ち着けるこの場所も好きです。】

薬王寺の大楠
【町指定天然記念物、薬王寺の大楠】

タグ:ウェルかめ

ウェルかめ第75回感想

連続テレビ小説 ウェルかめ13週目「うちにできること」

早いもので、今日で75回目、もう半分終わったんですね。

不自然に思えたり、腑に落ちなかったり、なんでと突っ込みたくなるポイントは時々あるわけですが、ドラマとして楽しんで見ています。

面白くなかったら、もうとっくに見るのやめていると思います。

これまでの中では、第46回の泰三爺ちゃんが初恋の人と会うシーンが、一番好きでした。

今日(第75回)は怒った一平が、ちょっとかっこ良かったです。

こういう一平を待っていました。

P.S.
ウェルかめの話ではないですが、今日、アニメ メジャー5(再放送)の最終回でした。
物語の組立の巧さ、話を盛り上げていく演出の上手さ、ストーリーの面白さに毎回感動させられていました。
単なる野球漫画じゃないですよね。 この完成度の高さはなんなんでしょう。(見てた人はわかるのではないでしょうか...)
4月から、いよいよメジャー6が始まるということでわくわくしています。

タグ:ウェルかめ