武田航平さんが「ウェルかめ」ロケで徳島に

もうすぐ武田航平さんが、NHK朝ドラ「ウェルかめ」ロケで徳島に!

あの武田航平さんが徳島に来るということで、わくわくしている四国のファンのかたも多いのではないでしょうか

ひらめき武田航平さんのウェルかめの役柄はこちら

ひらめき武田航平さん、大東俊介さん関連記事

以下はYouTube動画(徳島ロケとは関係ありません)
武田航平1stソロ写真集『CRUISE』
生写真特典付 「仮面ライダーキバ」、映画「ROOKIES」に出演し大注目の武田航平が異国の地を旅する、成長ロードムービー風写真集。
武田航平ドキュメントDVD『PEACE』
発売日:2009/3/18
元Pure BOYS、「仮面ライダーキバ」で注目を集めた俳優・武田航平の初のソロDVD!

晴れ武田航平さんのオフィシャルブログ MY ROOM
http://ameblo.jp/takeda-kouhei/

「ウェルかめ」の主な出演者発表

NHK朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」の主な出演者・キャストが発表されました。

敬称略

ヒロイン、波美(なみ)は、ご存知の通り倉科カナ(くらしな かな)

  • ヒロイン、波美(なみ)の父、浜本哲也 :石黒賢(いしぐろ けん)
  • 母、浜本加代:羽田美智子(はだ みちこ)
  • 祖父、浜本泰三 :芦屋小雁(あしや こがん)
  • 弟、浜本航 :大原光太郎(おおはら こうたろう)
  • 国際的なファッション誌「マニフィーク」(波美の就職先)のカリスマ編集長、近藤摂子 (美波町出身):星野知子(ほしの ともこ)
  • 転職先の徳島の出版社の社長兼編集長 、吉野鷺知:室井滋(むろい しげる)
  • 副編集長 、勅使河原重之:益岡徹(ますおか とおる)
  • 編集部員 、須堂啓:坂井真紀(さかい まき)
  • 編集部員 、友近聡:正名僕蔵(まさな ぼくぞう)
  • 編集部員? 、ロベルト:レオナルド・ベヌッチ
  • 波美の1つ年下の旅好き理系青年 、山田勝乃新:大東俊介(だいとう しゅんすけ)
  • 波美の同級生、中川果歩 :岩佐真悠子(いわさ まゆこ)
  • 波美の同級生で親友、笹原綾 :田中こなつ(たなか こなつ)
  • 波美の幼なじみ、鈴木一平 :武田航平(たけだ こうへい)
  • ウミガメ保護・研究施設の館長、伊崎光男 :温水洋一(ぬくみず よういち)
  • ウミガメ館の学芸員 、亀園由香:松尾れい子(まつお れいこ)
  • 一平の父、漁師、鈴木三平 :嶋大輔(しま だいすけ)
  • ヒロインの親友、綾の母親、笹原フミ:未知やすえ(みち やすえ)
「ウェルかめ」は徳島県美波町の民宿に生まれた波美が東京の出版社に入るもののリストラで徳島市の出版社に転職、ウミガメの取材を通じて故郷に目を向けるというドラマ。

NHK朝ドラ「ウェルかめ」に石黒賢ら
5月11日16時52分配信 産経新聞
Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090511-00000589-san-ent

ウェルかめ出演者発表資料PDFが、NHK徳島放送局の「平成21年度 連続テレビ小説 「ウェルかめ」 インフォメーション 」のページよりダウンロードできるので、気になる方はのぞいてみてはいかがでしょうか?

波美の生まれたお遍路宿の、「はまもと荘」のオーナーの、お父さんは元プロサーファーで、世界のサーフィンコンテストを転戦してきたという設定。
その、お父さんが石黒賢(いしぐろ けん)さん なるほど、スポーツマンだし元サーファーとしてイメージに合いますね。
かなりお調子者の設定のようなので、そのあたりどんなふうに演じてくれるでしょう。楽しみです。

波美の東京での就職先の出版社の編集長には、「なっちゃんの写真館」で、ヒロインを演じた星野知子(ほしの ともこ)さんが、美波町出身の役と、ちょっとうれしいキャスティングです。

波美の徳島での仕事場の「ゾメキトキメキ出版社」の、パワフルな女性 編集長には、「純情きらり」にも出演されて存在感をみせていた室井滋(むろい しげる)さん
またまた、個性的な演技が楽しめそうです。

地元での結婚を選ぶ波美の友人「綾」に田中こなつさん、医者を目指す「果歩」に岩佐真悠子さん
年下の理系青年山田勝乃新を、演じるのは大東俊介さん

関連記事:ウェルかめ主要キャスト発表会見/武田航平・大東俊介

大東俊介さんのHP
http://ameblo.jp/daito-shunsuke/

武田航平さんのHP
http://www.kouhei-t.net/

■ドラマトピックスブログ:NHKブログで詳細が掲載されています。

ウェルかめ主要キャスト発表会見/武田航平・大東俊介らも

ウェルかめ出演者・関連記事
http://welcame-nami.seesaa.net/article/119149368.html

NHK大阪放送局で開かれた「ウェルかめ」主要キャスト発表会見の模様の写真が掲載されていますね。

ヒロイン・浜本波美(倉科カナ)の父親に石黒賢、母親に羽田美智子、祖父に芦屋小雁、弟に大原光太郎が決定。その他の出演者は以下のとおり。  友人・同級生に大東俊介、岩佐真悠子、田中こなつ、武田航平。波美が最初に勤めるファッション誌『マニフィーク』の編集長に星野知子、その後転職先となる波美の地元・徳島発の情報誌を発行するゾメキトキメキ出版の社長兼編集長に室井滋、副編集長に益岡徹、編集部員に坂井真紀、正名僕蔵。

NHK次期朝ドラ『ウェルかめ』追加キャスト発表 倉科カナの父親に石黒賢
5月11日19時0分配信 オリコン
Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090511-00000003-oric-ent

関連記事 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090512-00000039-sanspo-ent

武田航平さん、大東俊介さん

ベテラン俳優陣に加え、武田航平さん、大東俊介さんら若手俳優にも注目です。

【TV HOMME 5】武田航平・大東俊介

 

大東 俊介(だいとう しゅんすけ、1986年3月13日 - )とは大阪府出身の日本の俳優、モデル (職業) モデル。トップコート所属。FINEBOYSの専属モデル。身長182cm。左利き。
また2005年のトップコート杯でグランプリを獲得しデビューした。
2006年9月10日に放送された世界ウルルン滞在記では初めて海外旅行を経験し、台湾でスーフーを経験した。
またしゃべるときは関西弁で話している。
野ブタ。をプロデュース(2005年、日本テレビ) 谷口健太役
少しは、恩返しができたかな(2006年、TBS) 卓球部員役
パンチライン(2006年、TBS) 斉藤一馬役
おいしいプロポーズ(2006年、TBS) 藤田翔役
リアル鬼ごっこ(2006年、映画)

WIKIPEDIAより抜粋)

武田航平(たけだ こうへい、1986年1月14日 - )は日本の俳優である。東京都出身。KIDT CREW所属。血液型はA型。
『霊女 MISAKI』
『塩カルビ』
『恋する日曜日〜電車〜』(倉橋亘役)
『弟 (テレビドラマ) 弟』(3代目石原裕次郎役)
『怪談新耳袋 第4シリーズ〜青いレインコート〜』
『Summer Nude』(井上たかゆき役)
『集団殺人クラブ〜最後の殺戮』(雅也役)
『天使が降りた日〜天使のカウントダウン〜』(謎の少年役)
『ゴーヤーちゃんぷるー』(《2006年6月公開予定。ケン役)
『TKO HIPHOP』(太田雅志役)
『赤毛のアン』(2001年8月、ギルバート役)
『道』(2002年4月)
『サマーディズ』(2002年7月)

WIKIPEDIAより抜粋)

ウェルかめ脚本の相良敦子(さがらあつこ)さん

ウェルかめ脚本は、相良敦子(さがらあつこ)さん。

相良さんと言えば、日本有数のライター養成講座の日本脚本家連盟ライターズスクールの48期生。
シナリオコンクールの佳作入賞を経て周防正行監督の「大災難」で脚本家デビューされています。

NHKドラマ「バッテリー」やフジテレビ 奇跡の動物園〜旭山動物園物語の脚本でも有名です。

他にも浅野温子さんや草笛光子さんらが出演のNHK月曜ドラマシリーズ「昨日の敵は今日の友」や、蒼井優さん主演の、NHKハイビジョンドラマ館「七子と七生」、佐藤千亜妃さん、小林薫さんらが出演の 「父に奏でるメロディー」、堺正章さんらが出演のNHK夜の連続ドラマ(よるドラ)シリーズ「理想の生活」、「青年は荒野をめざす’99」、「百億光年の貝殻」など数々の脚本を手がけられています。

 

その相良敦子さんとチーフ・プロデューサー六山浩一さんの「ウェルかめ」番組制作発表会の時の模様の写真と、相良敦子さんの意気込みが '09年秋スタートの“朝ドラ”の舞台は徳島県美波町 | webザテレビジョン: エンターテインメントニュース のサイトで詳しく伝えられています。

だんだんからつばさへそしてウェルかめへと

出演者決定は

NHK朝ドラ「だんだん」のヒロイン”マナ、カナ”から 次回ドラマ「つばさ」のヒロインの多部未華子(たべみかこ)さんへの バトンタッチセレモニーがあったそうですね。

多部未華子さんから”マナ、カナ”へは、 川越まつり用の名入り提灯などを、 三倉茉奈さん、三倉佳奈さんから、多部ちゃんには 島根県宍道湖の名物「ヤマトシジミ」などを それぞれ贈りあったそうだけど

バトンタッチの時って、こんなふうに名産品などを 贈りあうんですね。初めて知りました。

ウェルかめのバトンタッチの時は 何を贈るんだろうな「アレ」かなって、まだまだ先のことを、 いろいろ想像してしまいました。

「つばさ」からのバトンタッチが待ち遠しい...
もちろん「つばさ」も楽しみにしていますよ

それにしても、ウェルかめのヒロイン早く決まらないかな
オーディション進んでるかな...

ヒロイン(倉科カナ)さんに、決定のニュースなど

にぎやかなドラマになるということで、徳島県出身の、板東 英二(ばんどう えいじ)さんとか出ないのかな

出演者発表のニュース、まだかな。マナカナ(汗)

NHK朝の連続テレビ小説『だんだん』のヒロインを務めた女優の三倉茉奈、三倉佳奈と次期ドラマ『つばさ』のヒロインの多部未華子が18日(水)、東京・渋谷の同局でバトンタッチセレモニーを行った。

Yahooニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090318-00000002-oric-ent

みんなの感想というところをみると かなり厳しい意見が書かれていますね。 みんなズバッと書いてますね。

脚本家の相良敦子(さがらあつこ)さんや チーフプロデューサー六山浩一さんのプレッシャーは 相当なものでしょうね。

妥協を許さない構成、こだわりの演出、期待しています。

■ウェルかめの出演者・キャストは決まり次第ということで...

■ひとりごと
島根県松江市の宍道湖の大和シジミは、全国的に有名で 宍道湖と言えば一番にしじみが思い浮かびます。 このシジミを 「NHK朝の連続テレビ小説”だんだん”でおなじみの宍道湖のしじみです。」
という、うまいキャッチコピーで、楽天で販売しているお店があります。

宍道湖産のぷりぷりの大和しじみを、さらに多くの人に味わっていただく絶好のチャンス。
リピーターがつく可能性の高い商品だけに、 この機会に一気に販路拡大をされると 島根県にとっても大きなプラス効果があるのではないでしょうか

今のところYahoo検索で 「宍道湖 しじみ 通販」など と打ち込んでもスポンサー広告は表示されないようなので そういった広告などは、実施されていないようでした。

宍道湖産というブランド力があるから、 競合することもあまりないだろうし まあ一般検索からでも十分売れているからなのでしょう。

ちなみに「美波町 伊勢海老」「美波町 イセエビ」「美波町 あわび」と検索しても今のところスポンサー広告は出ていませんでした。

「ウェルかめ」の海で採れた天然伊勢海老の記事でも触れましたが、こちらの会社さんとかは、秋に備えて、すでに準備が着々と整えられているかもしれませんね。

こんなビッグチャンスを見逃すはずはないと思うので 秋頃が楽しみです。検索需要を作り出す戦略にも注目です。
(って、もうすでに開始しているようですね)

余談ですが 3月12日現在、ヤフーで「伊勢海老 通販」で検索すると ひらめき伊座利ねっと国産・天然・新鮮。伊勢海老通販さん が検索結果で1位
(伊座利ブログも運営されてて、こちらでは伊座利漁港の水揚げ情報も)
※その後、ホームページURL移転されています。
「伊座利(いざり)〜なにもないけど、何かある〜伊座利の未来を考える推進協議会 - 徳島県南部、美波町の東端に、三方を山に囲まれた小さな漁村集落へ、変なおっちゃん、元気なおばちゃんたちに会いに行こう!」
ブログはイザリCafeだよりになっています。

ひらめき活きあわび・さざえ・伊勢えびの恵比須丸さん
(とれとれの伊勢エビ、あわび、さざえを漁場から活きたまま直送し販売されている恵比須丸さんですが、実は、夕方から海賊居酒屋、恵比須丸を営業されていて、活きている魚介を目の前でさばいて料理してくれます。新鮮で超美味しくて、値段も安く、知る人ぞ知る名物居酒屋です。遠くから来られる方も多いそうです。)

ちなみに「きあわび・さざえ・伊勢えびの恵比須丸」さんの ホームページには以下の文章が載せられています。流石だなと思います。

平成21年度後期の連続テレビ小説は「ウェルかめ」です。 太平洋に面するウミガメが上陸する海辺の町・徳島県美波町(旧日和佐町)。 恵比須丸は「ウェルかめ」の故郷より、活き魚介類をお届けしています!

この恵比須丸さんのホームページがYahoo3位と、徳島の新鮮魚介販売サイトがTOP3に2つも入っていました。 これって凄いことです。 本当にうれしい発見でした。

ドラマの盛り上がりと、地域のさらなる発展を 望んでやみません。