NHK朝ドラ、ウェルかめのストーリー(あらすじ)など

ウェルかめのストーリー

ヒロイン、玉木つばさ役:多部未華子(たべみかこ)さん主演の
埼玉県川越市を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説「つばさ」に続いて
平成21年9月28日(月)より始まるのが「ウェルかめ」。

豊かな自然たっぷりの海辺の町、美波町と、
阿波踊りで知られる徳島市が舞台です。

第81作目、「ウェルかめ」のヒロインの故郷は、
太平洋に面するあたたかな海辺の町
徳島県海部郡美波町(かいふぐん、みなみちょう)。

この美波町には、太平洋の黒潮寄せる大絶壁、
千羽海崖(せんばかいがい)≪※1≫や、
日本の渚100選にも選ばれ
アカウミガメが産卵のために上陸する
大浜海岸(おおはまかいがん)があります。

そして、この海辺の町を一望できる山の中腹にあるのが、薬王寺です。

厄除けの寺として知られる
四国遍路88か所の第23番札所です。

この門前でもある美波町と、
万葉集にも詠まれた眉山(びざん)の麓、
400年続く情熱的祭り阿波踊りで有名な徳島市を舞台に、
繰り広げられる連続テレビ小説「ウェルかめ」

”明るくさわやかな、海の香りに満ちた故郷の朝ドラ”
今から期待に胸がふくらみます。

■「ウェルかめ」ストーリー

ヒロイン・波美が生まれ育ったのはお遍路さんもサーファーも泊まる愉快な民宿(遍路宿)。
「お接待精神」にあふれる賑やかな家族に囲まれ育ちました。
都会に出て一流女性誌の編集者をめざした彼女でしたが、ひょんなことからウミガメに導かれるように人生を大転換、故郷と向き合うことになるのです。
好奇心とねばり腰が裏目に出てドジをふみ、思わぬ方向へ流されながらも、一生懸命「海をこぎいくような」ヒロインの青春を、家族や恋の物語を縦糸に、美波生まれの同級生たちの青春模様を横糸にして描く、明るくコミカルな青春ドラマです。

以上 原文そのまま ウェルかめ : NHK 朝ドラ情報より
www.nhk.or.jp/drama/html_news_welcame.html

あらすじはウェルかめ制作発表資料に詳しく書かれています
でも、最後まで知らないほうがより良いかも...

■ひとりごと
徳島県南の牟岐(むぎ)町、内妻(うちづま)海岸や、
海陽町(旧、宍喰(ししくい)町)の海岸、
そしてお隣、高知県の生見(いくみ)海岸(「生美」って漢字変換されてしばらくそのままにしてましたが、生美でも検索されてます。)などは、
人気のあるサーフポイントで、
多くのサーファーが訪れてサーフィンを楽しんでいます。

海部川河口(徳島県海部郡海陽町鞆浦)の
「カイフポイント」は、世界的にも有名なチューブポイントで
国際的にも評価の高い屈指のサーフポイントです。

ヒロイン波美の父は、元サーファーということですが
どのサーフポイントがお気に入りで、
どんな波乗りをしていたのでしょうね。

そういえば徳島県小松島市出身の大杉漣≪※3≫さんも
サーフィンをやっているそうですが
さて、ヒロイン波美(なみ)のお父さん役は誰になるんでしょうね。

個人的には大杉漣さんだとうれしいけど、どんど晴れに出てたしなぁ。

海の似合う俳優さんって誰を思い浮かべますか?

岩城滉一さんとかマイク真木さんとか、坂口憲二さん、
清水圭さんとか、山本太郎さんでしょうか...

清水圭さんとか、山本太郎さんとか、とてもいいかも!
なんて思うけど..
波美との親子の、年齢的なつりあいってものもあるし
いったい誰になるんだろうね

「いつだってウェルかめ(ウェルカム)」
このセリフが似合う素敵な役者さんが誰になるのか
そして、それ以外のキャスト(出演者)は、どうなるのか
今から楽しみです。

ウェルカメが盛り上がりますように!

■スキューバダイビング&サーフィンなら
四国・徳島 宍喰〜高知 甲浦 室戸でのダイビングは
ダイビングショップ「カアナパリ」、もちろんサーフィンもできます。
ホームページ内のリンクより
海部川河口付近や宍喰、などのライブカメラも見れます。
ひらめきダイビングショップ「カアナパリ」
徳島県海部郡海陽町宍喰浦字松原97-10

■スキューバダイビングなら
牟岐大島の世界最大級高さ約10mの、巨大ハマサンゴ「千年サンゴ」 のあるポイントに潜るならココ
ひらめきクラブノアむぎ
徳島県海部郡牟岐町大字灘字下浜辺198-1

徳島県サーフィン連盟
コンテストの予定や、生見海岸カメラによる波情報も見れます。
ひらめきTSA 徳島県サーフィン連盟オフィシャルサイト


≪※1≫ 千羽海崖(せんばかいがい)は、徳島県海部郡美波町の室戸阿南海岸国定公園特別保護地区で、日和佐港の南西に続く断崖絶壁の海岸、景勝地。
岩壁の中でも最高250mもの高さが垂直的な傾斜を成し、延長2000mにも及ぶ屏風を広げた様なそそり立つ様は豪壮雄大である。日和佐城から始まる遊歩道や南阿波サンラインから、その見事な景観が一望できる。
美波町
南阿波サンライン
WIKIPEDIAより抜粋)

≪※2≫もはや説明の必要もない有名俳優さんですが、徳島県出身ということで詳しく...
大杉 漣(おおすぎ れん、本名:大杉 孝(おおすぎ たかし)、1951年9月27日)は、日本の俳優。高岡事務所所属。血液型はB型。
徳島県小松島市出身。明治大学中退。趣味は楽器の演奏とスポーツ全般。特にサッカーは個人でチーム「鰯クラブ」を結成し、キャプテンナンバーの「10」を背番号とするなどかなり入れ込んでいる。京都出身の母と、校長先生の父をもつ。
舞台俳優として転形劇場に在籍。転形劇場解散後、映像の世界に活動の拠点を移す。Vシネマや2時間ドラマから一般映画まで、脇役を中心に出演し続ける。「300の顔を持つ俳優」という異名を持っている。また、芸名の「漣」は、吉祥寺フォークの重鎮・高田渡の長男でスティールギター奏者の高田漣の「漣」という名に由来している。
WIKIPEDIAより抜粋)

ウェルかめの舞台、徳島市の眉山を川面より望む


【徳島の特産品、ご当地グルメ、宿泊施設検索 など】

【ストーリー(あらすじ)の最新記事】

スポンサードリンク


この記事へのコメント
ウエルカメまだまだ先ですが、どんなドラマになるのか期待しています。
Posted by at 2009年03月15日 00:21
コメントいただきありがとうございます。
さわやかで、おもしろくて、笑えて、泣けて、懐かしくて、ちょっぴり切なくて、そんなドラマになるといいなって思っています。
欲張りですかね...
Posted by ウェルカメ@美波 at 2009年03月17日 18:58
昨日はガマンできず波乗りに
行ってしまいました。
今日、仕事挽回してます。
といいながら、こうやってブログ覗いたり
してます。(><)
また遊びに来ます!
Posted by ○KEEP BLUE○ at 2009年06月27日 10:10
コメントを書く
お名前(ニックネームで適当に):

メールアドレス(記入不要です。):

ホームページアドレス(記入は自由です。):

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。